反対咬合だと80歳で20本の歯を残す事はかなり難しいという結果:インプラントの二ツ木歯科よりお知らせ

お知らせ

お知らせ

16/3/14

反対咬合だと80歳で20本の歯を残す事はかなり難しいという結果

Filed under: お知らせ — 二ツ木歯科 @ 7:33 AM

論文紹介 8020達成者と噛み合わせに関係があるか
東京歯科大学 茂木悦子先生の論文で8020達成者の歯列咬合の観察ー東京都文京区歯科医師会提供の資料よりーという表題です

日本歯科医師会では80歳で20本の歯を残しましょうという8020運動を行っています

28本が正常なのですが20本あれば何でも咀嚼でき、健康で長生きできると考えられているので、できるだけ歯を残せるように頑張りたいところです

歯を失う原因は大きく分けて虫歯、歯周病、破折の3タイプですが、茂木先生は噛み合わせと歯の喪失に関係があるかどうかを調査しました

文京区に在住の80歳以上の7000人に郵送によるアンケートを行い回答のあった3002名中8020を達成した51人を対象に噛み合わせを調査しました

そのうち

正常咬合者は56.9%
上顎前突(出っ歯さん)は17.6%
過蓋咬合(噛み合わせが深い)は25.5%
反対咬合(受け口)は0%
開咬(オープンバイト)は0%

であった
つまり反対咬合だと80歳で20本の歯を残す事はかなり難しいという結果です.

調査人数が少ないとはいえ、当院(開業23年)でも60~70代で天然歯だけの反対咬合の患者さんを見たことはありません。故に、80歳で反対咬合の方が20本歯が残らない結果は適切な論文と考えます。

上顎の歯が全てない(総入れ歯)方の顎骨の大きさ(下顎が大きい)を診断すると以前は受け口(反対咬合)だと思われます。

 

反対咬合は、成長発育の段階(小学校の学校健診)で分かるはずです。

学校健診の紙に必ず書いてあります。矯正治療にお金が掛かるので放置が多いのも原因。

欧米では考えられませんが親の責任です。

JR常磐線・東京メトロ千代田線・JR武蔵野線
「新松戸駅」15分・馬橋駅徒歩12分、駐車場あり。

初めての方でもお気軽にご相談下さい
047-343-5777
費用について 医療費控除について

〒270-0026 千葉県松戸市三ヶ月1319

▼診療時間:
月水金 10:00-13:00 / 14:00-20:00
火木  09:00-12:00 / 13:30-18:30(完全予約制)
矯正診療 第1土曜 10:00-12:30 / 14:00-18:00(完全予約制)
休診:土・日・祝

ページの先頭へ戻る